入院案内

入院予約と入院費について

入院予約について

当院で分娩をご希望の方は、ご予約が必要です。

※当医院では、ご予約時の内金は頂いておりません。

当院で里帰り出産を希望の場合
  1. 代理の方でも構いませんので、分娩予約申込書を記入しに来院して頂きます。
  2. 里帰りして頂く時期は、遅くとも分娩予定日の約1ヶ月前でお願いしております。
  3. 主治医の紹介状を必ずお持ち下さい。

入院費用について

分娩費は基本的に自費扱いとなります。異常分娩の場合は、一部に健康保険を使用することが出来ますので、その額の約3割が加算されることになります。しかし、最近は健康保険の審査やルールが厳格になり、異常の程度が軽い時は、自費にせざるを得ないことも多くなっています。

分娩所要時間や分娩日時(休日・深夜・時間外)などにより異なりますが、正常分娩の場合は41万円~46万円、異常分娩の場合(主に帝王切開など)はおおよそ50万円~58万円になります。ただし、産科医療補償制度の保険金が別に16,000円かかりますので、ご理解のほどお願い申し上げます。当院が皆様に代わりまして日本医療機能評価機構にお支払いさせていただきます。

平成21年10月から出産育児一時金等の直接払い制度が開始され、現在のところ出産育児一時金が42万円となっています。従って、退院時にその差額を精算させていただきます。

帝王切開術の必要な場合は、その理由や緊急性の有無、手術日時、入院期間などにより金額がかなり変動しますので、ご遠慮なく受付にお尋ねください。

これまで国の方針として実施されてきた妊婦検診の公費負担(受診券)・産科医療補償制度の各手続き、さらに平成21年10月より始まった直接払い制度の手続きなどは全て医療機関自体に強いられていまして、事務経費・インターネット整備など、当院にとりましてもかなりの負担となっております。従来にくらべ、少し費用がかかる御印象をお持ちかと思いますが、ご了承ください。